一括ファクタリングとはファクタリング現金化にかかわる企業取り引きを業者側が一括して管理するシステムになります。売掛債権を一方的に売りに出す2社間ファクタリングや、取り引き過程に無駄の多い3社間ファクタリングの欠点をカバーする決済手段として一括ファクタリングは注目を集めています。一括ファクタリングを提供するのは大手業者だけなので、利用することで逆に箔をつけることも可能です。

一括ファクタリングは効率化と合理化を目指したファクタリングの進化形

一括ファクタリングは効率化と合理化を目指したファクタリングの進化形

一括ファクタリングとは従来の「手形」に変わって利用されている新しい形の決済手段です。

ファクタリングサービスとは一般的に売掛債権などの権利を買い取って現金化する方法ですが、あくまで緊急避難的な目的で使われるものとされてきました。

それに対して一括ファクタリングは最初から「売掛債権の現金化」ありきで構築された決済システムと言うことができます。

そこには様々なメリットがある一方で、正しく理解しておかないと失敗に繋がるリスクもあります。

経営に携わるなら一括ファクタリングについて一度は勉強しておくようにしましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

一括ファクタリング無駄になっていた部分を合理化する

一括ファクタリングは簡単に言えば「従来のファクタリングで無駄になっていた部分を合理化して、一括利用できるようにしたもの」となります。

従来の買取ファクタリングサービスは基本的に資金繰りに苦慮している受注企業側が一方的にメリットを得るためのものでした。

実際にお金を支払っている企業には無断で「2社間ファクタリング」が行われていることも多く、そのことが経営の不透明さを助長する形になっていたことも否定できません。

また支払い企業側の許可を取り、ファクタリング業者を交えて「3社間ファクタリング」をするにしても手続きと話し合いが煩雑になり無駄が多いというデメリットがありました。

一括ファクタリングはこうした問題を解決する手段として考案されたシステムで、支払い企業と受注企業の間に最初からファクタリング業者が入ってしまい「売掛債権の買取現金化」に加えて「決済事務作業の一括請負」をするものとなっています。

一括ファクタリングの前提となる仕組み

ファクタリングサービスの具体的な仕組みは以下のようなものとなります。

たとえば企業Aが企業Bに業務を発注し、企業Bが仕事を終えたとします。

その仕事の実際の売上金は契約に基づいて後日入金されるわけですが、企業Bは資金力に乏しいためすぐにでも現金を欲しています。

そこで「売上金を受け取る権利」である売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらい、先に現金を受け取ることとします。

ファクタリング業者は売上金が入ってくるまでの待ち時間を肩代わりすることで、手数料ぶんの利益を上げることができます。

これが買取ファクタリングの基本ですが、この構図だと実際に売上金を支払う企業Aが除け者にされています。

こうした売上金を支払う企業を無視してファクタリングの業者と利用者との間だけで交わされる契約を「2社間(2者間)ファクタリング」と呼びます。

一方で企業Aもこの仕組みに加わってもらうと、企業Bとしてもこそこそ隠れて売掛債権を取り引きしなくても済むようになります。

こちらは「3社間(3者間)ファクタリング」と呼ばれています。

一括ファクタリングのメリット

一括ファクタリングは3社間ファクタルングをさらに推し進めて合理化したものと言うことが可能です。

一括ファクタリングでは企業間の取り引きで売掛債権が発生した段階で、双方の企業からデータを送ってもらいファクタリング現金化の手続きを一気に進めてしまいます。

これによりファクタリングにかかっていた様々な手間が省略されるだけでなく、最初からファクタリングの利用を組み込んだ形での事業計画を立てることも容易となります。

手形による取り引きで発生していた事務作業がなくなることによって経費削減が期待できるのに加えて、発注側・受注側のどちらにとってもお金の流れが見えやすくなります。

特に受注側の企業にとってはファクタリングを正当な現金調達手段として最大限に活用できる点が大きなメリットとなります。

こっそり売掛債権を買取に出して、現金化が取引先やライバル企業にバレたらどうしようと怯えるような心配は一切なくなると言っていいでしょう。

一括ファクタリングを提供する業者とは

一括ファクタリングのサービスを提供している業者は、銀行や大手ITグループなどを背景に持つ大規模なファクタリング業者がほぼ全てとなっています。

ファクタリング業者の中には中小企業や個人事業主を主な顧客として比較的少額の現金化を請け負っている独立系の業者も多くいますが、そうした業者は一括ファクタリングサービスを提供していないので注意しましょう。

基本的に一括ファクタリングを提供可能なのは企業への融資を本来の事業としている銀行か、それに匹敵する規模の資金力を持つ業者だけです。

そのため一括ファクタリングを利用するためには、そうした大手ファクタリング業者の審査に通過する必要が出てきます。

これには受注側の企業の信用だけでなく発注側企業の信用と協力も不可欠になってくるため、一括ファクタリングの導入はそれなりに高いハードルとなるでしょう。

もし発注側を説得したいのであれば、一括ファクタリングがどちらの企業にも大きな効果をもたらすことをしっかり説明することが大事になります。

一括ファクタリングに関する質問Q&A

一括ファクタリングとはどんなサービスですか?
3社間ファクタリングにおける複雑な手続きを全て業者側が一本化して処理するのが一括ファクタリングです
一括ファクタリング導入のメリットはなんでしょうか?
そのファクタリング契約にかかわる全ての関係者が手続き業務を削減することができます
一括ファクタリングはどの業者でも使えますか?
一括ファクタリングに対応する業者はメガバンク系などの一部大手に留まっています
一括ファクタリングにデメリットはありますか?
関連する3社の総意を最優先に仕組みが動いているため、利用者側の一方的な要求はほぼ通らなくなるといった問題があります
一括ファクタリング以外に似たサービスはありますか?
一括ファクタリングと同様に手形や印紙の管理負担を減らす試みとして、近年は「電子記録債権(でんさい)」を導入する銀行なども増えています

一括ファクタリングで現金化することのまとめ

一括ファクタリングは通常の買取ファクタリングをより積極的に活用するための仕組みです。

2社間や通常の3社間ファクタリングではどうしても無駄を生んでしまう企業間の情報伝達の悪さを改善し、契約と資金の流れを明確に効率化できるようになります。

また一括ファクタリングは数多くのファクタリング業者の中でもトップクラスの業者にしか扱えないサービスであるため、一括ファクタリングを導入していることが逆にステータスになることさえあります。

ファクタリングが一般化してきた現在でも、まだ売掛債権を売却して一時資金を得るという経営のやり方に懐疑的な目は数多く残っています。

ファクタリング利用を経営の傾きを示す兆候と見られないためにも、取引先や大手銀行などを背景に持つ業者との間に一括ファクタリングの契約を堂々と交わすことには大きな意味があります。

一括ファクタリングの恩恵を受けるには一定のハードルは存在しますが、それは乗り越えるだけの価値のあるハードルであると言えるでしょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【一括ファクタリング】サービスを提供は銀行など一部の大手業者に限られる…でした。