ファクタリングでバレるかバレないかは取引方法によって決まります。2社間ファクタリングではバレないで済みますが、3社間ファクタリングでは確実にバレることになります。バレると信用関係が失われるリスクがあるので注意が必要です。しかし、資金調達に利用することをあらかじめ伝えておいた方がバレたときにも信頼関係が失われにくくなるでしょう。

ファクタリングでバレるかバレないか?何が一番の決め手になるのか?

ファクタリングでバレるかバレないか?何が一番の決め手になるのか?

ファクタリングではバレるかバレないかという問題がよく話題になります。

バレるかバレないかの問題とはどのような意味なのでしょうか。

平たく言えば、ファクタリングをした事実が取引先の企業に知られてしまうか、知られずにファクタリングができるかという問題です。

この記事ではバレるかバレないかの違いによって何が起こるのかを詳しく解説します。

バレないようにするコツも紹介するので参考にしてください。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

ファクタリングが取引先にバレるとどうなるか

ファクタリングの利用を検討しているときには、ファクタリングが取引先にバレないようにしたいと直感的に思う人も多いでしょう。
ファクタリングが取引先にバレると、信用関係が失われるリスクがあると考えられるからです。

ファクタリングは資金調達の方法の一つで、主に資金繰りが厳しくなったときの対策として用いられています。

そのため、取引先にファクタリングの事実がバレると、資金繰りで苦労していると推察されてしまいます。

経営不振かもしれないから契約をやめようと思われるリスクがあるでしょう。

ファクタリングは必ずしも経営不振のときの打開策として用いられるわけではなく、設備投資や人材雇用などの目的で利用されることもあります。

ただ、一般的には中小企業が資金不足で悩んだときに売掛債権を使って資金が入るタイミングを前倒しする方法と認識されているので、取引先にバレると今後に悪影響を及ぼす可能性があります。

ファクタリングがバレるかバレないかを決めるポイント

ファクタリングの事実が取引先にバレるかバレないかの決め手になるポイントは2つあります。

1つはファクタリングの取引方法です。

ファクタリングには大きく分けると2社間、3社間の2種類があります。

3社間ファクタリングの場合には取引先に通知をする仕組みなので、確実に取引先に事実がバレます。

しかし、2社間ファクタリングの場合にはファクタリング会社との2社間での取引なのでバレないで済むのが一般的です。

もう1つは取引先による支払い対応です。

2社間ファクタリングを選んだとしても、取引先が売掛金を支払えなかったときには事実がバレる場合があります。

債権回収ができないと自社からファクタリング会社への支払いができずにペナルティを受けることになります。

そのため、取引先に支払いを強く求めなければならず、理由としてファクタリングをしたからだと言わなければならない場合があります。

取引先にファクタリングがバレないようにするコツ

取引先にファクタリングがバレるリスクを減らすには、まずは2社間ファクタリングを選ぶのが必須です。

さらにバレないようにするコツとして、所有している売掛債権の中から経済基盤がしっかりしていて支払いを受けられるのが確実なものを選ぶことが挙げられます。

2社間ファクタリングでは滞りなく売掛金を受け取ることができれば、取引先にバレるリスクはほとんどありません。

2社間ファクタリングに対応しているファクタリング会社では秘密厳守を重視しているので、ファクタリング会社の方から取引先に情報が漏洩することもないでしょう。

たまたま取引先も同じファクタリング会社を使っていたとしても、オフィスに出入りしているところを見られてしまわない限りはバレることはまずありません。

その可能性が懸念される場合にはオンライン完結の手続きができるファクタリング会社を選ぶと良いでしょう。

ファクタリングがバレるよりは誠実に伝えるのも良い方法

ファクタリングの事実がバレると信用を失うリスクがありますが、事実を包み隠していたのがバレるのに比べると誠実に伝えてからファクタリングに使用した方が信頼関係を保ちやすいのも確かでしょう。

ファクタリングをするとファクタリング会社への支払い期日ができ、支払いが遅延するとペナルティも受ける形になります。

これは2社間ファクタリングでも3社間ファクタリングでも同様です。

取引先と信頼関係を培ってきた場合には、取引先の立場としては経営が苦しかったとしても支払いをして対応したいと思ってくれるでしょう。

それが原因で取引先が倒産に追い込まれるという可能性もゼロではありません。

共倒れにならないようにするには、ファクタリングをする時点で相談して対応策を考えるのが無難です。

取引先の経営状況を鑑みて、支払えないリスクがあるときにはまず相談してみましょう。

ファクタリングのバレる バレないに関する質問Q&A

はっきり言ってファクタリングはバレる?バレない?
取引方法によります。取引先を巻き込んだ三社間ファクタリングは確実にバレる取引ですが、ファクタリング会社だけの二社間ではバレない取引になります。
ファクタリングがバレるときはどんな時で、バレない時はどんな時ですか?
ファクタリングがバレるときはファクタリング会社が取引先に来た時ですが、三社間でない限りそれはありません。なので基本二社間取引でバレることはありません。
ファクタリングがバレるリスクは?バレないようにするには?
取引先がこちらの資金繰りに問題があると感じ、手を引くリスクがあります。バレないようにするには二社間ファクタリングです。
ファクタリングの利用は銀行にバレる?バレない?
バレることはありません。融資でもありませんし、よほど帳簿を注視しないとファクタリング会社の存在がバレないようになっています。
社員にファクタリングの利用はバレる?バレない?
基本バレないですが、経理や役員にはバレることはあります。

ファクタリングがバレるかバレないかの問題のまとめ

ファクタリングがバレるかバレないかは取引先との今後の信用関係と取引の継続にかかわるので重要なのは確かです。

ファクタリングは資金繰りで苦しんでいる経営不振の会社が利用するサービスだという認識をしているケースが多いため、ファクタリングを利用していたら取引先から除外しようと考えられてしまう場合があります。

ただ、実際には事業拡大を目指して資金調達をする目的でファクタリングを利用しているケースもあります。

このような視点を持っている取引先であれば、ファクタリングの事実がバレたとしても特に問題はないでしょう。

現実的にはバレないようにした方が穏便に事を済ませられるのは確かです。

ただ、隠していた事実がバレるよりも事前に話しておいた方が良い場合もあるので、取引先との関係をよく考えて対応するようにしましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【ファクタリング バレる バレない】信頼関係ある信用第一で資金を確保したい…でした。