3社間ファクタリングでは利用者とファクタリング会社、そして売掛先が加わった取引となります。売掛先への通知と承諾を得る必要がありますが、手数料が安かったり審査が厳しくないなどのメリットがあります。承諾を得なければならないため急な現金化には対応しておらず、少し時間がかかっても問題ないという場合におすすめです。

3社間ファクタリングは信頼できる売掛先があればオススメの理由とは

3社間ファクタリングは信頼できる売掛先があればオススメの理由とは

  • kingアイコン
    クレジットカード現金化おすすめ度no.1アクセルファクター
    アクセルファクター
    アクセルファクターへ進む詳しい内容を見る
  • chanceアイコン
    クレジットカード現金化おすすめ度no.2日本中小企業金融サポート機構
    日本中小企業金融サポート機構
    日本中小企業金融サポート機構はファクタリングやM&Aなどによって中小企業の資金問題の解決に取り組んでいるサービスです。多角的な視点からサポートしてもらえるのが魅力で、安定して実績を上げてきています。利用時には問い合わせをして個別相談を受けることが必要です。ファクタリング以外の提案も受ける場合がありますが、信頼性が高くて注目されているサービスです。日本中小企業金融サポート機構へ進む詳しい内容を見る
  • entryアイコン
    クレジットカード現金化おすすめ度no.3ビートレーディング
    ビートレーディング
    ビートレーディングとはオンライン契約で利用できる2社間ファクタリングに特化した資金調達サービスです。全国各地で利用可能で、振り込みのスピードも手数料も調達可能額も優れています。オンライン契約の締結から最短5時間での資金調達ができるため、すぐに資金が必要なときにも使いやすいファクタリングサービスです。ビートレーディングへ進む詳しい内容を見る
  • checkアイコン
    クレジットカード現金化おすすめ度no.4BestPay(ベストペイ)
    BestPay(ベストペイ)
    ファクタリングとはせっかく仕事を受注できても資金繰りで困ったことにならないようにするために注文書を買い取ってもらってすぐに現金化してもらうサービスのことを指します。仕事を受注してすぐに現金化できるので資金が足りないということもなく、受注した仕事をそのまま続けることができるというメリットがあるのがファクタリングです。BestPay(ベストペイ)へ進む詳しい内容を見る
  • getアイコン
    クレジットカード現金化おすすめ度no.5メンターキャピタル
    メンターキャピタル
    メンターキャピタルは専任スタッフによるサポートを充実させつつ、コンサルティングも実施しているファクタリング会社です。希望に合う形でファクタリングによる資金調達ができます。メンターキャピタルは全国対応をしていますが、対面または郵送での契約を基本にしていて、オンライン契約に対応していない点には注意して利用しましょう。 メンターキャピタルへ進む詳しい内容を見る
  • クレジットカード現金化おすすめ度no.6エスコム
    エスコム
    エスコムへ進む詳しい内容を見る
  • クレジットカード現金化おすすめ度no.7MSFJ
    MSFJ

ファクタリングというのは会社が別の会社に商品などを販売し、その際にお金を受け取るのではなく債権として持ちその債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで現金化することを言います。

これには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあり、利用者とファクタリング会社に加えて売掛先が関わってくるのが2社間との違いです。

どちらがお得に現金化できるというのは一概には言えないのですが、いずれもどのような内容なのかをしっかり把握しておくことでベストな売掛金回収へとつながっていきます。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

3社間ファクタリングは2社間と何が違うのか?

まずは両者がどう違うのかを見ていきましょう。

3社間の場合、上記のように売掛先が関係しますのでそこに対するファクタリングの通知や承諾の有無がなされます。

2社間であれば売掛先に知られずにできるのですが、3社間では知られてしまうため信頼を損なう可能性もあるのです。

また、関係先が一つ増加することから手間や時間がかかってしまい現金化までも時間を要することになります。

手数料でも違いが見られます。

2社間の場合はおおよそ10%から20%と高く設定されていますが、3社間では1%から9%程度とかなり低くなっています。

手数料が気になるのであれば、3社間がオススメと言われているのはこのためです。

さらに審査のハードルが低いのも3社間の特徴とも言えます。

ファクタリングはいずれにしても審査のハードルがそこまで高くはないのですが、売掛先の信用力が3社間でははっきりしているため審査を厳しく行う必要がないのです。

両者にはこういった違いがありますので、2社間の方が関係先が少なくて時間もかからないということだけを意識するのではなくその他にどのような違いがあるのかまで見ておくと良いです。

3社間ファクタリングの仕組みや流れについて

3社間ファクタリングの仕組みや流れなどの手順

3社間ファクタリング 仕組み 流れ

はじめに、3社間ファクタリングの流れを解説します。

まずはファクタリング会社に3社間ファクタリングの申し込みをします。

最近ではファクタリング会社でも特徴が出てきていますので、魅力的だと感じたところを利用するようにしましょう。

それから売掛先に対してファクタリングの通知をして承諾を得ます。

承諾を得たらファクタリング会社に対して売掛金を譲渡して、手数料が差し引かれた金額が入金されます。

最終的には売掛金支払い期日になると売掛先からファクタリング会社に対して支払いが行われて、一通りの流れが終了です。

ここでは簡単に流れの解説をしましたが、もっと厳密に言えば審査書類の準備なども必要になりますので事前に準備しておくとスムーズに進めることができます。

3社間ファクタリングのメリット

実際に2社間ではなく3社間を選択する会社は多くあります。

なぜならいくつかのメリットがあるからです。

例えば手数料が安いことです。

これは2社間との大きな違いでもありますが、3社間では利用者が集金代行をする必要がなく回収したお金を使いこまれる心配がありません。

そのために手数料が安く設定されているのです。

また、両者の違いでも触れていますが審査がそこまで厳しくないのもメリットと言えるでしょう。

3社間で契約が取り交わされるために未回収リスクが必然的に低くなります。

回収できる可能性が高くなるということはそれだけ審査を厳しくする必要がないというわけです。

3社間ファクタリングのデメリット

3社間ファクタリングにはデメリットもあるので確認しておかなければなりません。

最初に挙げられるのは、売掛先から承諾を得なければならないことです。

2社間では売掛先に通知せずにファクタリングができるのですが、3社間ではファクタリングしますという通知とその承諾を得る必要があります。

場合によっては承諾を得られないこともあり、そもそもファクタリングをしたという事実を通知しただけで信用度がガクッと下がる可能性も考えられます。

何とか理解してもらうためにファクタリングの説明も必要なので、ある程度の説得力なども備えておくことが大切です。

デメリットはこれだけでなく、現金化するのに時間がかかることも挙げられます。

これはファクタリングに詳しくない人でも少し考えれば分かることかもしれませんが、売掛先への通知と承諾という手間を要するため時間がかかるのです。

あくまでも目安ではありますが、3社間ファクタリングでは現金化までにおおよそ1週間から2週間程度かかると言われていますので、少しでも早く現金を回収したいのであれば即日現金化が可能な2社間を選択すると良いでしょう。

3社間ファクタリング よくある質問Q&A

3社間ファクタリングとはどんなものですか?
現金化利用者と業者だけでなく、売上金を支払う取引先も交えた3社の話し合いによって実施されるファクタリングです
3社間ファクタリングのメリットとは?
取引先から正式に許可を得て売掛債権を現金化するため、ファクタリングの信用度を高めることが可能になります
3社間ファクタリングの使い方は?
3社間ファクタリングに対応する業者にその旨を伝えることで取引先に連絡が入り、協議を経て契約となります
取引先への連絡は必須ですか?
はい。3社間ファクタリングでは必ず実際に支払いを行う取引先を加えた形で契約を行います
3社間ファクタリングはどの業者でも取り扱っていますか?
3社間ファクタリングに対応するのは銀行系など比較的規模の大きな業者のみとなります

3社間ファクタリングに向いているのは

上記のようなメリットデメリットなどがある3社間ファクタリングですが、明らかにこちらを選択した方が良いというポイントがあります。

それが手数料を少しでも低く抑えたい場合や現金化まで時間がかかっても問題ないという場合、そして売掛先への信頼がある場合です。

特に最後の信頼がある場合ですが、長年の良好な関係があってファクタリングの相談を気軽にできるのであれば、2社間よりも3社間のようが良いかもしれません。

3社間では承諾が難関と考える会社も多いため、信頼があって承諾もそこまで難しくないというのであればいきなり3社間を選択した方が色々と恩恵を受けられるのです。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【3社間ファクタリング】手数料が安く審査のハードルが低い好条件な取引…でした。