2社間ファクタリングとはユーザーとファクタリング会社の間で契約を締結し、売掛先企業とは直接関係することなく取引をするファクタリングです。3社間ファクタリングに比べて契約が簡単で迅速な現金化ができるメリットがありますが、審査を短期間でおこなうためにファクタリング会社の負担が大きく、手数料が高くなる場合が多いのがデメリットです。

2社間ファクタリングの詳細を解説!他のファクタリングの違いはありますか?

2社間ファクタリングの詳細を解説!他のファクタリングの違いはありますか?

  • kingアイコン
    クレジットカード現金化おすすめ度no.1QuQuMo ククモ
    QuQuMo ククモ
    QuQuMo ククモへ進む詳しい内容を見る
  • getアイコン
    クレジットカード現金化おすすめ度no.2アクセルファクター
    アクセルファクター
    アクセルファクターはネクステージグループ傘下の信頼性が高い企業で、ファクタリングに特化したサービスを提供しています。スピード対応をしているだけでなく、契約の際には対面・郵送・オンラインを選べるので使いやすいサービスです。専属サポートもあるので初めてでも安心して利用できるファクタリングサービスになっています。 アクセルファクターへ進む詳しい内容を見る
  • entryアイコン
    クレジットカード現金化おすすめ度no.3日本中小企業金融サポート機構
    日本中小企業金融サポート機構
    日本中小企業金融サポート機構はファクタリングやM&Aなどによって中小企業の資金問題の解決に取り組んでいるサービスです。多角的な視点からサポートしてもらえるのが魅力で、安定して実績を上げてきています。利用時には問い合わせをして個別相談を受けることが必要です。ファクタリング以外の提案も受ける場合がありますが、信頼性が高くて注目されているサービスです。日本中小企業金融サポート機構へ進む詳しい内容を見る
  • checkアイコン
    クレジットカード現金化おすすめ度no.4ビートレーディング
    ビートレーディング
    ビートレーディングとはオンライン契約で利用できる2社間ファクタリングに特化した資金調達サービスです。全国各地で利用可能で、振り込みのスピードも手数料も調達可能額も優れています。オンライン契約の締結から最短5時間での資金調達ができるため、すぐに資金が必要なときにも使いやすいファクタリングサービスです。ビートレーディングへ進む詳しい内容を見る
  • chanceアイコン
    クレジットカード現金化おすすめ度no.5トライ
    トライ
    ファクタリングのトライのサービスについて解説します。トライの3つの特徴、メリットや良い点、利用するまでの流れ、注意点と安全性、よくある質問、利用した事業主の口コミを紹介します。トライは最短で即日の入金が特徴ですので、資金調達の時間がない事業主に特におすすめです。また、最低利用金額が10万円以上ですので、気軽に利用できるの点も魅力です。トライへ進む詳しい内容を見る
  • クレジットカード現金化おすすめ度no.6メンターキャピタル
    メンターキャピタル
    メンターキャピタルへ進む詳しい内容を見る
  • クレジットカード現金化おすすめ度no.7ファクターズ
    ファクターズ
    ファクターズへ進む詳しい内容を見る
  • クレジットカード現金化おすすめ度no.8BestPay(ベストペイ)
    BestPay(ベストペイ)
    BestPay(ベストペイ)へ進む詳しい内容を見る
  • クレジットカード現金化おすすめ度no.9けんせつくん
    けんせつくん
    けんせつくんへ進む詳しい内容を見る

2社間ファクタリングとはファクタリングのユーザーとファクタリング会社の2社で取引をするファクタリングです。

ファクタリングでは売掛債権の売買の契約を締結して、早期現金化をする仕組みになっています。

売掛先企業にも影響があるので3社で契約をすることもできますが、あえて売掛先企業を含めずに契約するのが2社間ファクタリングです。

この記事では2社間ファクタリングの詳細な仕組みやメリット・デメリットを紹介します。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

2社間ファクタリングの仕組み流れなどを確認しよう!

2社間ファクタリングの仕組み流れなどを確認しよう!

2社間ファクタリング 仕組み 流れ

2社間ファクタリングは売掛先企業を介さずにファクタリングの取引を進められるように仕組みが作られています。

2社間ファクタリングではユーザーとファクタリング会社の間で契約を締結し、その時点でファクタリング会社から買取代金が支払われます。

そして、ユーザーが売掛先企業に請求をして、売掛金が入金された時点でユーザーからファクタリング会社に引き渡すというのが一般的な流れです。

契約をした時点で売掛債権の所有者はユーザーからファクタリング会社に変わっているので、本来は債権回収ができるのはファクタリング会社です。

そのため、通常は業務委託契約を同時に交わして、ユーザーが債権回収をしてファクタリング会社に支払うという形を整えています。

このような仕組みによって売掛先企業が直接かかわることなくファンディングをできるようにしたのが2社間ファクタリングの特徴です。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

2社間ファクタリングとは違って、売掛先企業も含めて契約をしてファクタリングをする方法は3社間ファクタリングと呼ばれています。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは契約にかかわる会社が違うだけでなく、取引のあり方にも違いがあります。

3社間ファクタリングの場合には、契約をする時点で売掛先企業に連絡や通知をして、債権者が変わることを認めてもらうことが必要です。

この手続きを踏んでから契約することで、売掛金の支払先をユーザーではなくファクタリング会社にできるようになります。

そのため、3社間ファクタリングでは2社間ファクタリングとは違い、ユーザーが債権回収をする必要がありません。

ファンディングの契約が締結された時点でファクタリング会社にすべて任せることができるのが3社間ファクタリングの特徴です。

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングは売掛先企業が関与しないことによってメリットが生まれています。

まず、売掛先企業に連絡も通知もする必要がないのがメリットです。

売掛先企業にファクタリングをした事実を知られてしまうことがありません。

ファクタリングによる資金調達をした事実が知られると、資金で苦労している企業だと思われてしまいます。

今後の取引に支障が生じるリスクがあるので、知られないに越したことはないでしょう。

また、連絡や通知をしないため、ファクタリングの契約手続きがスピーディーに進みます。

そのメリットを活かすためにファクタリング会社が短期間で審査をしていることが多いのも魅力です。

2社間ファクタリングなら早期に売掛債権を現金化できる可能性が高く、最短即日で入金してもらうことが可能です。

2社間ファクタリングは対応しているファクタリング会社が多いのもメリットで、ニーズに合うサービスを提供している会社を選んで利用できます。

2社間ファクタリングのデメリット

2社間ファクタリングは手数料と業務負担についてデメリットがあります。

2社間ファクタリングではスピーディーな対応を受けられるのはメリットですが、その分だけファクタリング会社が負担を負っています。

短期間で審査を完了するために人材を投入しなければならず、人件費が大きくなっている場合がほとんどです。

また、調査できる範囲が限られるので審査が十分とは言えず、売掛先企業から売掛金が支払われないリスクも念頭に置いて契約する必要があります。

そのため、2社間ファクタリングの場合には3社間ファクタリングに比べて手数料が高くなりがちです。

また、2社間ファクタリングをした場合には売掛先企業からの債権回収はユーザーが担当します。

予定通りに支払われたときには問題はありませんが、支払いが遅れたときには督促するなどの対応をしなければなりません。

業務負担が大きくなるリスクがあるので注意しましょう。

2社間ファクタリング よくある質問Q&A

2社間ファクタリングに向かない状況とは?
高額のファクタリングを行う場合には取引先も加えた形で契約した方が安全性が高くなります
2社間ファクタリングの利用が向いているのはどんな人?
比較的小規模のファクタリング利用で、スピーディーに現金調達を済ませたい人に向いています。
2社間ファクタリングの特徴が知りたい
2社間ファクタリングは取引先の許可なく現金調達ができるため、機密保持性と現金調達スピードに優れています。
2社間ファクタリングのデメリットは?
ファクタリング業者側の意向が強く働くことになるため、手数料などが割高になる可能性があります。
2社間ファクタリング業者の探し方を知りたい
相見積もり系のファクタリング情報サイトを使うことによって、2社間ファクタリングに対応した業者だけを絞り込むことができます。

2社間ファクタリングによる早期現金化のまとめ

2社間ファクタリングは早期資金化をしたいときに向いているファクタリングの方法です。

ユーザーとファクタリング会社の間で契約を締結して取引する仕組みになっていて、売掛先企業には連絡や通知もする必要がありません。

スピーディーな契約ができるように審査もスムーズにおこなえる仕組みが整えられているのが一般的です。

3社間ファクタリングの場合には契約に時間がかかりがちなので、すぐに現金が必要なときには2社間ファクタリングを使った方が良いでしょう。

2社間ファクタリングは手数料が高くなりがちですが、売掛先企業が信用できる場合には比較的安くて済みます。

ファクタリング会社によって手数料は異なるので、比較して取引先を選ぶのもおすすめです。

見積もりを取るだけなら無料で対応してくれます。

時間に余裕がある際には相見積もりをして手数料の低いファクタリング会社に依頼しましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【2社間ファクタリング】手続きの仕組みと特徴をわかりやすく紹介!…でした。