PR

ファクタリングの支払い方法を解説!支払い期日、分割はできる?

ファクタリング支払いで資金調達のストレスを解消!スムーズなビジネス運営の秘訣

ファクタリングの利用方法には大きく分けて、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

ファクタリング方法により、支払い方法が異なります。

ファクタリング総合ランキングTOP3
  • ファクタリング総合ランキングno.1
    事業資金エージェント
    最短3時間
    (2社間) 5%~ (3社間) 1.5%~
    2社間・3社間

    2億円まで対応の安定した資金力がある!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.2
    ファクターズ
    最短4時間

    資金繰り改善率!審査通過率!リピート率が90%以上!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.3
    アクセルファクター
    5割以上が即日入金
    2%〜20%
    2社間・3社間

    赤字決算でも相談OK!30万~1億円に対応!

    詳細を見る

2社間ファクタリング利用時の支払いについて

2社間ファクタリングとは、売掛先とファクタリング利用者の間で行われる方法です。

このため、ファクタリング利用者(会社)が、売掛先から売掛金を直接回収し、その後、ファクタリング会社に支払う流れとなります。

文字通り”2社”での取引になるので、売掛先(取引先)にファクタリング利用を知られることはありません。

ただ、自社で売掛金の回収、ファクタリング会社への入金が必須になります。

3社間ファクタリング利用時の支払いについて

一方、3社間ファクタリングでは、売掛金の回収はファクタリング会社が行います。

これにより、ファクタリング利用者は回収に関する手続きを行う必要がありません。

利用者(会社)はファクタリング会社との契約に従い、売掛金を受け取るだけで、すべての手続きが完了します。

ファクタリング利用時の支払いは分割はできません

ファクタリング利用後に売掛先から回収される売掛金は、ファクタリング会社に一括で支払う必要があります。

分割しての支払いは認められていません。

他の金融サービスとは異なる部分であり、ファクタリングを利用する際の注意点となります。

また、回収した売掛金を不正に使用した場合、法的なリスクが伴います。

2社間ファクタリングの利用時、売掛金を回収した場合は、一括でファクタリング会社に入金しましょう。

支払い期日はあるの?

ファクタリングの支払いには明確な期日が設定されています。

この期日を過ぎると、契約違反となり、ペナルティが課せられることがあります。

また、支払いを怠ると、信用情報にも影響が出ることが考えられます。

特に、不正に資金を使用すると、横領罪などの法的なリスクが伴います。

ファクタリングをスムーズに利用するためには、支払い期日の遵守が非常に重要です。

支払いの期日はある?

一般的な支払い期日は、売掛先から売掛金が入金された日となります。

この期日は通常、売掛先から売掛金が入金された日を基準として設定されます。

しかし、契約内容によっては、入金日から数日間の猶予期間が与えられることも。

期日は、契約時にきちんと確認しましょう。

ファクタリング利用時の支払いに関する情報まとめ

ファクタリングの利用方法や支払いの流れは、契約の内容によって異なることがあります。

そのため、正確な情報を把握し、適切な方法で利用することが重要です。

特に、支払いの期日や分割払いが不可である点は、利用者としてしっかりと理解しておく必要があります。

ファクタリング支払いで資金調達のストレスを解消!スムーズなビジネス運営の秘訣

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次