ステータスカードは通常のクレカとは違って信頼性が高く、海外で使う場合には身分証明の役割も担います。最強の2枚を使うようにする事で用途に応じた使い分けができ、安心して買い物をする事ができます。社会的信用度をクレカという形にしておく事で、大きな買い物をし易くなったり、旅行に行った時に高級ホテルを使い易くしたりといったメリットがあって利便性が高まります。

ステータスカード最強の2枚使いをすると国内外でクレカを使う時に得をする事が多い

ステータスカード最強の2枚使いをすると国内外でクレカを使う時に得をする事が多い

社会的地位を示すステータスカードの中でも強力な保証・限度額が付いている物を2枚用意して使う事をステータスカード最強の2枚使いと言います。

これらのクレカは、カード発行した国際ブランドとランクの高さが重要になります。

海外で使用する事がよくあるのであれば、信頼性の非常に高いカードを2枚用意しておくと、その信頼性がシーンによって使い分けがし易くしてくれます。

ブラックカードはクレカの中でも最高位のランクです。

かなり高い入会金と年会費が必要で、なおかつ招待制である為、これを持つという事は無条件で社会的信用性が最高クラスである事を示します。

一般的にはプラチナカードやゴールドカードを信頼性の高いカードとして持つ事が多いです。

ステータスカード最強の2枚使いの環境を築き上げるには自分に合ったカードを探す

最強の2枚使いをするには、自分に合ったクレカのブランドとグレードを探す必要があります。

これは、人によって使うシーンが異なるので、国内で使う事が多いのか、海外で使う事が多いのかで選び方が変わってきます。

プラチナカードはブラックカードの次にグレードが高いカードである為、ステータス性の高さを重視するなら、プラチナカードの中から選択していくのがセオリーです。

アメリカン・エクスプレスプラチナカード、ANA VISAプラチナプレミアムカードなどが国内で契約できる代表的なプラチナカードです。

年会費は年10万円台が多く、還元率は1%から4%ぐらいと、これらのカードより下のグレードのカードと比較して高還元率になっているのが特徴です。

付帯サービスもとても充実しています。

2枚用意する時は、異なるカード会社で発行をします。

用途別にカードを分けておけば、管理がし易くて限度額が一般カードよりも高いので1つ当りの価格が高い商品を買ったり、高級ホテルを利用したりする時にスムーズに支払いができます。

2枚使いを目指すなら招待制ではないステータスカードを選ぶ方が望ましい

ランク上位のカードを2枚用意したい場合、招待制でないカード会社を選びます。

招待なしで信頼性がカードを契約するには、かなり安定した収入がある事が条件になってきます。

収入が安定しているのであれば、JCBなどのプラチナカード・ゴールドカードを契約してみるのが良いでしょう。

ゴールドの場合はプラチナに比べて年会費が安くなっています。

一般カードでは機能面で足りておらず、プラチナカードにするほどでもないという場合に、ゴールドカードは普段遣いのカードとして丁度良いでしょう。

招待制ではないステータスカードはゴールドに多いですが、プラチナでも通常の方法で申し込める事があります。

そういったカードを選ぶ事で2枚使いが可能になってきます。

既に信頼性の高いカードを所有している人がいて、家族もクレカを使いたいという場合には家族カードを選択するのも良いです。

一方で、ブラックカードは招待制である為、通常申込みでは申込みができず、契約は他のランクのカードよりも格段に高いので、2枚使い用のカード選びには向いていません。

旅行傷害保険・ショッピング保険などの付帯サービスの充実度で選ぶ

最強2枚使いをするのには、カードの機能の充実度が重要になってきます。

国内外の旅行をするケースが多い人は旅行傷害保険がしっかりとしている方が安心です。

旅行中の怪我による治療費、相手に怪我をさせた際の賠償金、荷物の盗難・破損の被害に遭った時の補償をショッピング保険を使う事でカバーしてくれます。

勝手にカードを使われてしまった被害に遭った時や商品が破損された事が証明されて補償をしてくれるショッピング保険の充実度も大切です。

ショピング保険は、年間の補償上限金額が設定されており、買い物をする事が多い場合は上限額が高いカードを契約しておくと安心でしょう。

ステータスカードを使う場合はショッピングやホテルの利用などをした時の支払いで還元されるポイントにも注目しておきます。

近年では、クレカに電子マネー決済やスマホ決済に対応しており、クレカでの支払いをした方がポイント還元がある分、お得である事が多いです。

プラチナ・ゴールドなどのカードはポイント還元率の高さでも一般カードより優れています。

利用可能枠はプラチナとゴールドでは、それほど変わらない事がある

ステータスカードにプラチナやゴールドを選ぶケースが大半です。

これらのカードを契約する時に注意する事は利用可能限度額があまり差がないカードも存在している事です。

JCBが発行しているステータスカードは、いずれも利用限度額は350万円までで、プラチナとゴールドの差は付帯サービスの違いや還元率の違い、旅行傷害保険・ショッピング保険の限度額の違いに表れています。

その為、信頼性の高いカードを2枚持ちするなら、普段のカードの使い方がプラチナカードの方が良いのか、ゴールドカードの方が良いのかを把握してから契約をすると無駄がありません。

ポイント還元率に関してはプラチナの方が高い傾向がありますが、カードの特色として、提携しているコンビニ・ファーストフード店などでの利用をした時に高還元率になるようにしているケースもあります。

日常生活での支払いにクレカを使っているなら、プラチナカードである必要はなく、ゴールドカードでもステータスカード最強の2枚使いの環境を整えられます。

ステータスカード最強の2枚使い環境の強みと現金化のまとめ

ステータスカードを持つ事で普段の生活が格段に便利になります。

特に、旅行をする事が多いケースや高い買い物をするケースではステータスカードを持っておく優位性は十分にあります。

ステータスカードを2枚用意しておくメリットは、使い道に応じて使い分けられる事です。

旅行用とショッピング用に分けておけば、管理がし易い面があります。

ステータスカードは現金化に使用しようと思えば使えます。

しかし、このカードを持っている事は十分に安定した収入を持つ人である事を証明しているので、現金化を行う必要は無いでしょう。
キャッシング機能が備わっているので、それを使えば、多くの場合間に合います。

最強のステータスカードを2枚使える環境にしておく事で、普段の買い物や高級ホテルの利用などでの利便性を高めるだけでなく、旅行先でのトラブルやショッピングでの詐欺被害などで生じた損害を補償してくれる環境を二重にしておく事ができるので安心とも言えます。

スピードワン現金化はコチラ

以上、ステータスカード最強の2枚使いをする事で自分のステータスを高めよう!…でした。