クレジットカードを使うときには2、3枚を持ってうまく使い分けるのが良い方法です。サインの種類には特に制限はないですが、海外で利用するときには日本語を使うとセキュリティー性が高まります。住所変更や名義変更などの手続きは速やかに行うのが大切です。カードは家賃払いにも使えるので有効活用していきましょう。

クレジットカードは何枚持ち?家賃支払い・住所名義変更や伝票手書きまで

クレジットカードは何枚持ち?家賃支払い・住所名義変更や伝票手書きまで

クレジットカードの何枚持ちが良いかを平均枚数から考えよう

クレジットカードは何枚持ちをすると良いのかはこれからクレジットカードを使いたいと思っている人がよく抱いている悩みです。

1枚持ちにしようとするとどのクレジットカードがベストかと迷ってしまうでしょう。

2枚や3枚にするとしても組み合わせ方で悩みがちです。

もっと多くて良いのならたくさん発行したいと思うかもしれません。

ただ、あまりにもクレジットカードの発行枚数が多くなると審査が通らなくなってしまうことが多いので注意が必要です。

一般的に何枚持ちをすると良いかは平均枚数からわかります。

クレジットカード会社によって実施された調査によると2枚か3枚を持っている人が多いと判明しています。

クレジットカードの特典や限度額などを考慮すると1枚よりも複数枚の方が良いと考えられているのが通例です。

発行できずに苦労することも多い点を考慮して、2枚か3枚に厳選するのが主流になっています。

クレジットカードでの家賃支払いのメリットと注意点

クレジットカードは様々な料金の支払いに利用できるようになってきました。

賃貸生活をしているときには家賃払いに利用できるケースもあります。

クレジットカードでの家賃払いにはメリットが多いのでよく活用されています。

クレジットカードで払うとポイント還元があり、1%くらいお得に利用できるのがメリットです。

カードの種類によっては年間利用額が大きいと年会費が無料になる場合もあるため、まとまった金額の支払いになる家賃払いに使えると年会費を節約しやすいでしょう。

また、家賃の支払いを忘れるリスクがなく、支払期日に現金がなかったとしても翌月一括払いで対応できる魅力もあります。

しかし、クレジットカードで家賃払いをすると翌月に支払いができなくなるリスクもあるので注意しましょう。

家賃は支払えていてもクレジットカードの滞納になってしまいます。

個人信用情報にもすぐに影響が出るので注意が必要です。

クレジットカード利用で計画的にポイントを貯める方法とは

クレジットカードの住所変更の手続きはどうやってやるのか

クレジットカードは個人情報を登録して利用するのが原則です。

住所は重要な情報の一つで、必要な書類の郵送先となるので常に正しい情報をクレジットカード会社に登録しておく必要があります。

引っ越しをして住所が変わったときには住所変更手続きをすることが必須です。

クレジットカードの住所変更ではオンライン手続きができるケースが多くなっています。

オンラインサービスが提供されているクレジットカードなら、発行時に決まるIDとパスワードを使ってマイページにログインすると住所変更の手続きをおこなえます。

セキュリティーがどのように構築されているかによって必要情報には違いがありますが、本人認証を経て住所変更を申請できる仕組みが一般的です。

また、クレジットカード会社に電話をして住所変更手続きをすることもできます。

書類を郵送する必要はなく、電話番号や住所などの高騰確認によって本人認証をして手続きをするのが主流です。

クレジットカードの名義変更の手続きは簡単にできるのか

クレジットカードに関する個人情報の変更手続きには色々なものがありますが、最も手続きが大変になるのが名義変更です。

結婚したときや離婚したときなどには名義変更が必要になる場合があるでしょう。

クレジットカードは名前が変わってしまったときにそのまま利用することはできないのが原則なので、名義変更の手続きを速やかに行うことが必要です。

名義変更の手続きは一般的にはオンラインサービスで行うことはできません。

住所などに比べると大きな変更なので、本人とクレジットカード会社の間で確実な確認を実施するのが通例です。

対面での確認ではなく、電話での確認で手続きを進められるのが一般的になっています。

本人認証をするためにいくつかの質問を受けることもあります。

クレジットカード発行のときに質問と回答を登録しておくことも多く、万が一にも他人のなりすましによって名義変更が行われてしまわないようにクレジットカード会社が工夫を凝らしています。

他人のクレジットカードを使う方法によるトラブル不正利用など問題点をチェック!

クレジットカードの伝票の手書きサインにはルールがあるのか

クレジットカードの支払いをするときには手書きサインが必要になるケースが多くなっています。

サインレス決済は食品の購入やコンビニでの支払いなどでは可能ですが、大きな買い物をしようとすると伝票に手書きサインをするように求められます。

伝票の手書きサインにはルールがあるのかと疑問に思う人も多いでしょう。

ルールとして定められているのはクレジットカードの裏面サインと同一だということです。

裏面サインにどのようなサインをするかは基本的に自由で、漢字やひらがな、カタカナやローマ字などを自由に使えます。

名義人の名前として判別できるのが望ましいですが、裏面サインと同じであれば判別できなくても認められるのが通例です。

伝票の手書きサインは裏面サインと一致しているかどうかを見ることで本人確認をするのが目的です。

そのため、同一性が重視されるということに注意してサインを決めることが大切です。

クレジットカードの引き落とし日に関するノウハウ

クレジットカードの支払いは指定した口座からの引き落としによって行うのが原則です。

引き落とし日までに利用した金額を口座に入れておくと自動的に引き落とされる仕組みになっています。

口座引き落とし日はいつなのかが気になる人も多いでしょう。

実はクレジットカード会社によって引き落とし日が異なっていて、いくつかの候補日から自由に指定できるケースもあります。

昔から主流なのは25日ですが、5日や15日、月末などに引き落とされる場合もあります。

0か5が付く日が候補として挙げられていることが多いですが、それ以外の日を指定できる場合もあるのが現状です。

給与の支払いを受けてからクレジットカードの料金を払いたいということはよくあります。

勤め先によって給与の支給日が異なっているため、個々の利用者の事情に応じて選べる仕組みを取り入れているクレジットカード会社が多くなってきています。