クレジットカード決済を導入するケースが増えてきたため、クレジットカードを持つ意味が大きくなっています。クレジットカードを持つときには育てて優良な一枚を持つのが肝心です。使い方に十分に注意して持ち歩くべきかどうかを検討し、身に覚えのない請求などのトラブルが発生したときの対応方法も理解しておきましょう。

クレジットカード導入で育てる持ち歩かないで身に覚えのない請求とは

クレジットカード導入で育てる持ち歩かないで身に覚えのない請求とは

クレジットカードによる決済を導入しているケースが増えている

クレジットカードは日本ではあまり浸透していなかったものの、欧米では常識的な決済手段として用いられてきました。

現金を持たなくても良いのが最大のメリットで、レジなどでの支払いがスムーズにできることに加え、資産管理をしやすくなる魅力もあります。

日本では政府によるキャッシュレス決済の推進によってようやくクレジットカード決済システムを導入するケースが増えてきた段階です。

ただ、商品の購入だけでなく税金などの公共料金の支払いにも使えることが多くなってきたため、クレジットカードを持つ意義は大きくなってきました。

翌月一括払いやリボ払いなどの後払いになることを念頭に置いて利用する必要はありますが、今後の日本社会での消費生活では重要なアイテムの一つになるでしょう。

今の段階でクレジットカードを選んで手に入れ、育てておくと将来的にもっと有効利用できるようになります。

クレジットカードを育てるとはどういう意味なのか

クレジットカードは育てるという考え方が重要なことがよく言われています。

クレジットカードはクレジットカード会社に申し込みをして、審査を受けてから発行される仕組みになっています。

審査の際には職業や収入、借り入れの状況などを考慮して、クレジットカードの発行が可能かを検討しているだけではありません。

クレジットカードの利用枠をどのくらい与えられるかを評価しています。

クレジットカードの利用枠が大きいほど高額の買い物にも利用できるので便利です。

キャッシング枠が認められると必要時にお金を借りることもできます。

クレジットカードの利用枠の大きさを決める要因としてクレジットヒストリーがあります。

クレジットカードを利用したり、ローンを使ったりして返済してきた履歴がクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーが充実していると返済能力があると認められて増枠が可能になります。

クレジットカードを育てるとはクレジットカードヒストリーを充実させて便利に利用できるようにすることなのです。

【クレジットカード在籍確認】2枚目持ちすぎから不良破損や故障まで

クレジットカードで身に覚えのない請求があったらどうするべきか

クレジットカードを利用しているときには利用の記録を残しておいて、請求されている金額や内容が正しいかどうかを確認するのが重要です。

決済のときに二重登録をしてしまって同じ請求が二つ入ってしまうようなこともあります。

また、クレジットカード情報を盗み取られてしまって不正利用されてしまうケースもないわけではありません。

このようなときには身に覚えのない請求をされることもあります。

身に覚えのない請求があったときにはクレジットカード会社のコールセンターに連絡すると対応してもらえます。

金額が違う場合にはレシートを送付して確認してもらうのが一般的です。

こんな支払いをしたことはないはずだという請求があった場合には、その旨を伝えるだけで対応してもらえます。

基本的にはオペレーターの指示に従うだけで良いので、まずは連絡することを怠らないようにしましょう。

気付いた時点ですぐに連絡すれば適切な対応を取ってもらえます。

クレジットカードの二重請求はどう対処すると良いのか

クレジットカードを持ち歩かないメリットとデメリット

クレジットカードは持ち歩かない方が良いとよく言われていますが、事実なのでしょうか。

持ち歩かない方が良いと言われているのは紛失や盗難のリスクがあるからです。

特に海外ではスリの被害に遭うリスクが高い地域もたくさんあるため、持ち歩かないのが良いという考えが広まっています。

インターネット通販などで利用するだけなら持ち歩く必要はないので、使い方次第ではメリットが大きい考え方でしょう。

ただ、持ち歩かないと店頭での利用ができないのがデメリットです。

また、外出時に空き巣の被害に遭ってしまってクレジットカードがなくなる可能性もあります。

持ち歩かないのにはメリットもデメリットもあるので、どのようにクレジットカードを使っていくのが自分なりに安心かをよく考えて決めることが大切です。

自宅に保管する場合には空き巣のリスクも考慮して金庫を用意するなどの工夫をすることも重要になります。

スキミング被害を防ぐ対策方法を調べて実行しよう

クレジットカードは改悪が進んでいるのは本当か

クレジットカードはポイントサービスなどが充実していて、現金での支払いをするよりもメリットが大きいとよく言われていました。

そのサービスがだんだんと改悪してきているという噂がありますが、本当なのでしょうか。

実態としてはサービスを縮小して改悪しているクレジットカードが多くなっています。

ポイント還元率が低下していたり、ポイントの使用方法が以前よりも少なくなったりしているケースが目立ちます。

ただ、全てのクレジットカードで改悪が進められているわけではありません。

以前よりもポイントバックを受けらえるようになったクレジットカードもあります。

全体として足並みを揃える傾向が生まれてきていて、突出した特典があったクレジットカードはサービスを縮小し、特典があまりなかったクレジットカードは充実させる傾向があります。

このような動向を理解して魅力的なクレジットカードを選び出すのが肝心です。

クレジットカードのポイント還元率とはどんなものなのか

クレジットカードは1枚主義にすべきなのか

クレジットカードは1枚主義にすべきだという意見もあります。

複数枚のクレジットカードを使い分けている人もいれば、たった1枚のカードにこだわっている人もいるのが実情です。

クレジットカードは1枚主義にするメリットもデメリットもあります。

1枚主義にすると支払いを1枚に集められるのでお金の管理がしやすいのがメリットです。

また、クレジットカードによっては年間利用料がかかるため、複数枚持つと負担が大きくなります。

種類によっては利用額が一定以上になると年間利用料が無料になることもあるので、枚数を減らす魅力は大きいでしょう。

しかし、クレジットカードごとに利用できる特典には違いがあります。

特にショッピングに用いるときには、このクレジットカードなら何パーセント割引といった特典を受けられることがよくあります。

1枚主義にしてしまうと様々な買い物で特典を利用できなくなるのがデメリットです。