現金化もできるデジタルカードのメリットやデメリットについて解説しています。実物のカードタイプと比べて、どんな点が優れているのか、また使用に際して注意すべきポイントはどこなのかなど、実践的なノウハウが学べます。デジタルカードで現金化する方法も分かります。デジタルカードについて具体的な知識を身につけたい初心者に最適な内容です。

デジタルカードの特徴・メリット・デメリットを徹底解説!現金化する方法も紹介

デジタルカードとはスマートフォンアプリに登録して利用するクレジットカードのことです。

カード番号などの決済に必要な情報が全てデジタルデータ化されてスマートフォンに格納されるため、デジタルカードと呼ばれています。

利用する場合はスマホ決済に登録するか、カード情報が格納されたQRコードをスマホアプリで表示し、それをレジスタッフに読み取ってもらいます。

クレジットカードの機能をより手軽に使える便利なデジタルツールのひとつと言えるでしょう。

今回はそんな最新式のクレジットカードであるデジタルカードのメリット・デメリットや、現金化のやり方について解説していきます。

デジタルカードのメリット

デジタルカードのメリットは申し込みから短時間で利用可能になるところです。

例えばセゾンが発行しているデジタルカードであれば最短5分で支払いに利用できるようになります。

発行スピードが早いと言われている楽天カードでも、申し込みからカードで支払えるようになるまで1週間はかかるので、いかにデジタルカードが早いか分かるでしょう。

デジタルなのでカードの紛失や盗難の心配がないところも大きなメリットです。

悪質な店舗でスキミングされる危険性も通常のカードに比べて低いので安心して利用できます。

利用履歴やカードの設定がアプリ上でできる使い勝手の良さにも注目です。

カード会社が運営する専用の会員サイトに登録せずともアプリ上でカードで支払った商品が確認でき、各決済の支払い回数や方法を変更できます。

アプリはWEBブラウザよりもキビキビ動くので、ネットが混み合う19時以降にカードの設定を変えようとしてもストレスなく済ますことができるでしょう。

デジタルカードのデメリット

デジタルカードの魅力的なメリットを確認したところで、次は注意したいデメリットについても見ていきましょう。

気をつけるべきポイントを事前に把握しておけば安全に使えますし、デジタルカードが自分に合わないことが登録前に分かれば無駄な手間を省けるでしょう。

デジタルカードの代表的なデメリットは利用できる店舗が実物のクレジットカードに比べて少ないところです。

A社のクレジットカードで決済できる店舗でも、A社のデジタルカードには対応していないところがあります。

利用していた店舗でデジタルカードが使えずに頭を抱えることもあるでしょう。

デジタルカードが使えない理由は決済にQRやスマホ決済の読み取りができる専用の機材が必要だからです。

そのためクレジットカードは読めてもデジタルカードは読み込めない店舗が全国各地にまだまだあります。

デジタルカードを発行しているカードブランドが少ないことも気になるポイントです。

お気に入りのカードブランドが使えない場合、デジタルカードを作るのを止める人もいるでしょう。

デジタルカードがおすすめな人

デジタルカードは確かに便利ですが、現時点では使い勝手が実物のカードに劣る面もあるので、万人におすすめできるものではありません。

カードの使い方によっては従来のタイプを使い続けたほうがいい人もいるでしょう。

デジタルカードがおすすめなのはスマホ以外は持ち歩きたくない徹底したデジタル派の人です。

電子決済が世に広まった結果、現金を持たずに買い物する人が増えました。

小銭を含む重い現金を持つ必要が無くなったので身軽になったと感じる人もいるでしょう。

そんなデジタル派をさらに進めるのはデジタルカードです。

デジタルカードを使えば現金に加えてカードすら持ち歩かなくて済むようになります。

財布が不要になるので、近くのコンビニで買い物するだけなら、スマホひとつで外出できるようになるでしょう。

カード決済をリアルタイムでチェックしたい人にもデジタルカードはおすすめです。

決済があるとすぐに履歴に反映されるので、不正利用があった場合は即座に分かります。

デジタルカードで現金化する方法

デジタルカードは従来のクレジットカードの機能を多く備えています。

そのため現金化に利用することも可能です。

完全にデジタルカードに移行できるように、デジタルカードを現金化する方法を確認しておきましょう。

デジタルカード初心者にも分かりやすいようにステップごとにやり方を解説します。

ステップ1:デジタルカードを申し込む

デジタルカードを発行しているWEBサイトを開いてカードに申し込みます。

個人情報を入力する必要があるので、内容を間違えないように注意しましょう。

ステップ2:本人確認

申し込みに必要な情報を送信した後は本人確認を行います。

運転免許証などの必要書類をスマホで撮影して画像をカード会社にアップロードしてください。

ステップ3:アプリのインストールとログイン

カード会社の審査に通過すると、会員IDやパスワードなどのデジタルカードアプリにログインするために必要な情報がメールで送られてきます。

内容を確認したらアプリをダウンロードしてインストールしましょう。

インストールが終わったら正常にログインできることを確認してください。

ステップ4:現金化業者に申し込む

デジタルカードのアプリにログインできれば、カードを利用する準備は完了です。

現金化業者に依頼してデジタルカードのショッピング枠を現金化しましょう。

申し込み方法は通常のカードと同じです。

デジタルカード現金化まとめ

デジタルカードはスマホアプリから利用するクレジットカードで、実物のカードが無くてもネットショップや店舗の代金を支払えます。

魅力はすぐに使えるようになることで、早いものだと申し込みから30分後には利用可能になるほどです。

デジタルカードを作るのに特別な条件は無く、実物のカードの審査に通過できる方なら問題無く作成できるでしょう。

カードを持ち歩く必要がないので失くす危険性がなく、支払いの際にカードを取り出す手間も無いので使い勝手も良好です。

気になる現金化は従来のクレジットカードと全く同じ感覚で申し込めます。

違いはカードに書いてある番号で申し込むか、アプリに保存されている番号で申し込むかの違いだけです。

これからクレジットカードの現金化しようと考えている方はデジタルカードも検討するといいでしょう。

従来のクレジットカードよりも早く現金を受け取れます。

現金化に関してはデジタルカードのデメリットは無いので、一刻も早くお金が必要なら迷わず利用しましょう。

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • どんなときも。クレジット
    詳細はコチラ

以上、【デジタルカード】使いこなし術や初心者が知るべき基礎知識が分かる!…でした。