amazonギフト券は世界最大のECサイトであるアマゾンで現金と同じように商品を購入することができる非常に便利な電子ギフト券です。電子ギフト券だから税金は全く関係ないと思っている人も少なくないと思いますが、意外なことにamazonギフト券にはたくさんの税金が関与してきます。この記事ではアマゾンギフト券にまつわる税金について色々と解説していきたいと思います。

amazonギフト券と税金の関係を考えたことがある?意外と知らない税金にまつわる話

amazonギフト券 税金 換金 住民税 もらった税金 消費税 非課税

きっとamazonギフト券を利用している人のほとんどが、amazonギフト券にかかる税金について考えたことがないはずです。

購入、アマゾンでの支払、お世話になった人へのプレゼント、そして副業などの報酬、忘年会や結婚式の二次会等の景品において意外なほどamazonギフト券は取引が行われていますが、amazonギフト券と税金の関係性を知らずに扱っていると脱税などの可能性が出てきてしまうので注意が必要です。

この記事ではアマゾンギフト券にまつわる税金のあれこれについて解説していきたいと思います。

  • ギフトジェシー
    詳細はコチラ
  • 買取戦隊高額レンジャー
    詳細はコチラ
  • 買取カリビアン
    詳細はコチラ
まとめて読みたい

amazonギフト券を換金したら税金とかはどうなるの?

amazonギフト券をもらった人の中には、アマゾンのアカウントを持っていない人もそれなりにいるはずです。

そういった人たちが最近よく利用しているのがamazonギフト券の買取サイトです。

amazonギフト券の買取サイトを利用すれば、手元にあるamazonギフト券を高い換金率で現金に変えることができるので大変便利です。

しかし、もしamazonギフト券を換金した場合、税金は発生してしまうのでしょうか??

amazonギフト券などを換金して現金を手に入れたとしても、それは利益になっている訳ではありません。

確かにプレゼントでもらったり景品として手に入れたamazonギフト券を売却して現金を入手したら、厳密に言えばそれは利益になっているのかもしれません。

しかしきちんと税制上で考えてみると、現金とamazonギフト券で形は変わりますが売却自体で利益が発生しているわけではありません。

このような理由により、amazonギフト券を換金したとしてもそこに税金は発生せず、課税の対象とはなりません。

これまでamazonギフト券の買取業者を無意識に利用していきたい人でも、これからは税制上の問題を全く心配することなく堂々と現金化することができますね。

安心して買取をしてもらってくださいね。

amazonギフト券 お祝い 入学祝い 内祝い 出産祝い 結婚祝い amazonギフト券でお祝い(入学祝い 内祝い 出産祝い 結婚祝い)は絶対喜ばれる!

amazonギフト券で住民税の対象になるのかしら?

amazonギフト券が住民税の対象になるなんて聞いたことがない人が多いと思いますが、実は全く可能性がないとは言い切れないので注意が必要です。

amazonギフト券が住民税の対象となるパターンは、副業の報酬としてamazonギフト券をもらった場合です。

副業では、現金ではなくamazonギフト券で支給されるところもあります。

副業で支給されたamazonギフト券は課税対象になりますので、年間20万円以上であれば、確定申告をする必要があります。

そして住民税は、金額に関わらず所得があれば申告が必要になりますから、この場合にはamazonギフト券に住民税が発生すると言う理解になるでしょう。

amazonギフト券をもらった際に税金は発生するのか?

amazonギフト券をもらった時に発生するであろう税金について解説していきたいと思います。

おそらくamazonギフト券を買い取り業者で買い取ってもらいたいと考えている人の多くは、第三者からamazonギフト券を貰い受けているはずです。

その時にどんな税金が必要になって来るのかと言う正しい知識を持っていれば、今後は堂々とamazonギフト券をもらうことができますね。

amazonギフト券をもらったときに発生する税金のメインは、贈与税になると思います。

amazonギフト券はギフト券と言うことで贈与税の対象にならないと考えている人も少なくないかと思いますが、しっかりと贈与税の対象となる事は覚えておいてください。

amazonギフト券をもらったときの税金としての贈与税については後ほど詳しく解説するのでこちらでは割愛しますが、もらった時にも税金が発生する可能性があると言う事はしっかりと覚えておきましょう。

amazonギフト券に対する消費税は必要ありますか?

amazonギフト券を購入したり使ったりする時に、消費税の扱いはどうなっているのだろうと不安に感じる人も少なくないはずです。

街中で商品を購入したりサービスを受けるとほぼすべてのケースに対して消費税が発生してきますから、amazonギフト券を買ったり売ったり、利用したりしても消費税が必要になってくるのではないかと考えるのは当然のことでしょう。

amazonギフト券の場合、購入するシーンでは消費税はかかりません!

ただし、amazonギフト券を利用して代金を支払う際、商品の販売先が日本国内の場合は消費税がかかります。

消費税が増税されてしまった感が強い今回の増税の光と影とは 消費税が増税されたポイントによるクレジットカード現金化の影響は

amazonギフト券は非課税になるのか?

クレジットカードの現金化などでよくamazonギフト券が利用されるのはきっと多くの人がご存知だと思います。

どうして現金化をするときにこのamazonギフト券がよく利用されるのかと言うと、それは非課税だからです。

もちろんamazonギフト券などが高価買取されているという事も大きな理由となっていますが、それに加えて非課税で取引できるからと言うのが大きな人気になっています。

例えば¥10,000分のamazonギフト券を購入すると仮定しましょう。

この時に消費税が発生していたとしたら、購入金額は¥11,000となり¥1,000分の消費税が余計に発生してしまいますね。

しかし¥10,000分のamazonギフト券を購入したら、ちゃんと¥10,000分のamazonギフト券が手元に来るはずです。

¥11,000支払って¥10,000分のamazonギフト券を買ったことがあるひとはいないはずです。

一方、amazonギフト券以外に換金性の高いことで知られているものにはゲーム・家電・貴金属・ブランド品・スポーツ用品などがありますね。

しかしこれらの商品は購入時に消費税が発生します。

つまりアマゾンギフト券は購入する時には非課税で手にすることができるわけです。

【クレジットカード現金化時計】ブランド品や貴金属を売るは通用するか? 高級時計やブランド品や宝石貴金属類をクレジットカードで買う現金化とは

amazonギフト券による贈与税は発生するのでしょうか?

入学祝いや誕生日のプレゼント、そして結婚式の二次会や忘年会など、amazonギフト券をプレゼントしてもらうケースは多々あると思います。

おそらくamazonギフト券の買取サイトを利用して現金に変える人の多くは、このような方法でamazonギフト券を手に入れたのではないでしょうか。

この時に知っておきたいことは「贈与税」です。

贈与税というと「現金を貰った際に発生するものである」というイメージをもっている方が大多数だと思います。

しかし現金だけにかかわらず、実はプレゼントなどの商品に対しても贈与税は課税対象となっているのです。

これにはどんなものが含まれるかと言うと、不動産のように明らかに贈与税がかかりそうなものばかりではなく、自動車、時計、洋服、バッグ、アクセサリーなど、ありとあらゆるものが贈与税の対象になっているのです。

それではamazonギフト券をもらった場合、これは贈与税の対象になるのでしょうか。

おそらくamazonギフト券をもらったとしても、税金の対象とはならないでしょう。

なぜなら贈与税が発生する条件は「贈与額が年間に110万円以上」となった場合だけだからです。

きっと多くの人が、年間110万円以上のamazonギフト券をもらうと言う事はほとんどないはずです。

そのため単純にamazonギフト券をもらった場合の税金として贈与税は対象とならないことを覚えておいてくださいね。

ただし一つだけ注意が必要です。

先ほど贈与税の対象となる商品をお示ししましたが、これらを合わせてもう少しで110万円を超えそうな場合、amazonギフト券をもらったことにより110万円を超えてしまったら、これは贈与税として税金の対象となってしまうのです。

贈与税というのは1人から貰ったものに関わってくるということはなく、複数の方から貰う場合もその全ての現金や物品などを合わせた額が年間に110万円以上に達すれば課税対象になるので注意してください。

贈与税の税率と納税額について贈与は現金の方が分与・納税に便利で有利 贈与税の税率と納税額はどうなの?贈与財産は現金化で行う

amazonギフト券に関する税務署について

amazonギフト券のやりとりをしていた時に、もし脱税をしてしまったとしましょう。

そんな時に税務署が取り締まりにやってくる事はあるのでしょうか。

おそらく税務署が取り締まりに来る事はないでしょう。

なぜならamazonギフト券のやり取りで発生する税金はたかが知れていると考えられるからです。

まさか何千万円分のamazonギフト券のやり取りをするとは考えにくいため、税務署としてはそれほど目くじらを立てないのが現状です。

ただしこれはあくまでも現時点での話であり、これから税制が厳しくなれば税務署がamazonギフト券のような電子ギフト券のやりとりに対して目を光らせてくる可能性は十分に考えられます。

そのため税金の対象となるようなギフト券の受け取り方をしたような場合には、必ず自己申告で税務署にその旨を伝えて適切に税金を支払って下さい。

amazonギフト券にかかわる税区分とは

amazonギフト券などの電子ギフト券は税区分ではどのように取り扱われているのでしょうか。

国税局のホームページをチェックしてみると「商品券、ギフト券、旅行券のほかテレホンカードなどのいわゆるプリペイドカードの譲渡は、物品切手等の譲渡として非課税とされています」と記載されています。

どうして非課税となっているかと言うと、さらにホームページにはこのように掲載されています。

「商品券などの譲渡に課税すると、最終的に提供を受ける商品やサービスが同じ一つのものであるにもかかわらず、二重に課税されることになります。したがって、このような二重課税を避けるために商品券などの譲渡には課税しないことになっています。」

つまり二重課税を避けるためにamazonギフト券は譲渡した時に課税対象とならないと言うことになりますね。

amazonギフト券で脱税しては絶対にいけません!

amazonギフト券を利用すれば脱税ができるのではないかと考える賢い人もいるかもしれませんね。

確かにアマゾンギフト券は現金や土地、株券等と比べて税務署からのチェックが入りにくく動きも見えづらいため、脱税はしやすいかもしれません。

しかし税務署が本気でチェックすると、脱税というのはすぐにバレてしまいます。

きっとamazonギフト券を使って脱税をしようと考えている人は他の方法でもいろいろな手を変え品を変え税金をごまかしているはずですから、そのついでにアマゾンギフト券を使った脱税がばれてしまう事は十分に考えられますね。

amazonギフト券を使って脱税をした場合でも当然ペナルティの対象となりますから、amazonギフト券だから脱税をしても大丈夫と言う甘い考えは捨てた方が良いでしょう。

現金化業者が脱税を疑われやすいのはマネーロンダリングに利用されやすいから クレジットカード現金化業者側が税金による脱税を疑われやすいのはマネーロンダリング利用があるから

amazonギフト券に対する税金は常にチェックしておく

この記事ではamazonギフト券に関する税金について色々とチェックしてきました。

amazonギフト券といえどももらい方や売り方によっては税金がかかってくることもあるため、しっかりと正しい知識を身に付けておくことが大切です。

amazonギフト券を使って税金をごまかしたとしても、税務署にチェックされればすぐにばれてしまいますから、余計なことはしないほうがいいかもしれませんね。

以上、【amazonギフト券 税金】換金による消費税・非課税・住民税から贈与税まで詳しく解説…でした。