amazonギフト券を入手したときに注意が必要な点の1つが、有効期限が存在しているという点です。せっかくamazonギフト券を入手したとしても、有効期限を過ぎてしまうと無駄になってしまいます。しかし普段amazonを使う機会が少ないなどの場合には、ギフト券をもらっても使い道に困るということもあるでしょう。そこでamazonギフト券の有効期限だけではなく、使わない場合の対処法について考えてみるのも1つの手です。

amazonギフト券には有効期限が存在しているので期限切れなどに注意して利用しよう!

amazonギフト券には有効期限が存在しているので期限切れなどに注意して利用しよう!

amazonギフト券を入手した場合、どのくらいの価値があるのかという金額にばかり注目してしまう方もいます。

実際にamazonの買い物で使うことを考える場合、どのくらいの価値があるかは大切なポイントの1つです。

しかしすぐに使わないという場合であれば、金額と合わせて有効期限も確認しておきましょう。

実はamazonギフト券には有効期限が存在していて、期限を1日でも過ぎてしまうと価値がなくなります。

価値がなくなってから気付いて後悔することを防ぐためにも、最初に有効期限の確認が欠かせません。

  • ギフトジェシー
    詳細はコチラ
  • 買取タイガー
    詳細はコチラ
  • 買取レオン
    詳細はコチラ

amazonギフト券の有効期限はどのように決められてますか?

Amazonギフト券に有効期限ってあるの?

(2017年4月24日以降に購入した場合)

もしあなたがAmazonギフト券を2017年の4月24日以降に購入した場合、そのすべての商品は10年間が期限と定められています。

少なくとも2027年の4月までは利用できると言う事ですから、まだまだ余裕がありますね。

ただしそれ以前に購入したAmazonギフト券の場合、有効期限が異なるので注意してくださいね。

Eメールタイプ
EメールタイプのAmazonギフト券を購入した場合、その有効期限は発行日から1年間と定められています。

シートタイプ
シートタイプのAmazonギフト券を購入場合、その有効期限は発行日から3年間と定められています。

カードタイプ
カードタイプのAmazonギフト券を購入した場合、その有効期限は発行日より1年間と定められています。

法人向けタイプ
法人向けタイプのAmazonギフト券ですが、こちらのカードは発行日より2年間が有効期限として定められています。

このように、ちょっと前まではAmazonギフト券の有効期限は意外と短かったんです。

もし手元にアマゾンギフト券を持っているなら、いちど有効期限を確認してみることをオススメします。
意外と切れているかもしれません。

Amazonギフト券の残高は、有効期限の最終日である23時59分に執行してしまいます。

まさに1分の猶予もない!とはこのことです。

amazonギフト券種類(タイプ別など)アマゾンポイントの貰い方とは amazonギフト券種類(タイプ別など)アマゾンポイントの貰い方とは

amazonギフト券有効期限確認しながら後回しにせずこまめに使う

amazonギフト券の有効期限は、どのくらいの期間になるのでしょうか?

以前はEメールタイプやシートタイプなどの種類別に有効期限が異なっていましたが、2017年の4月23日以降に発行されたamazonギフト券では、有効期限が一律で10年間に設定されています

10年間と比較的長い期間が設定されているので、すぐにギフト券を利用するのではなく、ある程度の金額が溜まってからまとめて使用することも可能です。

ただし10年の期限があると思って油断していると、いつの間にか期限を過ぎてしまう可能性もあります。

10年後も同じようにamazonを使っているとは限らないため、後回しにせずにこまめに使うようにすることも、期限切れを防ぐためのポイントの1つです。

ギフト券の使い忘れが心配という方は、ギフト券を持っていることを忘れないように何らかの形で記録しておくのも1つの手です。

定期的に存在を思い出せる環境を作ることで、使い忘れを防ぐことにつながります。

amazonギフト券有効期限はアカウントに登録したタイミングではない!

amazonギフト券の有効期限について考える場合、1つ注意が必要なポイントが存在しています。

その注意点というのが、10年という期限が始まるタイミングがどこかという点です。

有効期限は、amazonギフト券をアカウントに登録したタイミングだと思っている方も多くいます。

しかしアカウントに登録したタイミングではなく、ギフト券を購入したタイミングが期限として設定されるというポイントを押さえておきましょう。

例えばEメールタイプのギフト券であれば、送信された時点か有効期限起点となります。

また新しいamazonギフト券を入手したら、有効期限が延長されるというイメージを持っている方もいるかもしれません。

ですが新しいものを登録したとしても、以前登録した分の有効期限は延長されないので注意が必要です。

登録したamazonギフト券ごとに期限を考えて、どのような形で使っていけばいいのか考えていくことがポイントの1つです。

amazonギフト券有効期限はアカウント登録を確認したら早めに使うようにする

amazonギフト券の有効期限について考えるときには、期限を確認する方法も合わせて把握しておきましょう。

ただし発行されたamazonギフト券だけを見ても、具体的な期限をチェックすることはできません。

実際に期限を調べるためには、発行されたものをamazonのアカウントに登録して調べる必要があるので注意が必要です。

まずはamazonのアカウントにログインしたら、メニューの欄からamazonギフト券の項目を選びます。

そしてギフト券残高を選ぶことで、ページの下部に有効期限についても書かれています。

有効期限ごとにギフト券残高が表示される仕組みになっているため、個別にどのくらいの期限が残っているのか確認が可能です。

もしも期限が迫っているamazonギフト券を所有しているのであれば、期限が切れる前に早めに利用するようにしましょう。

期限が切れそうなamazonギフト券をストックしておく

期限が近付いているamazonギフト券があるものの、購入したいものがないという方もいるかもしれません。

そのような場合には、amazon内で何かしらの商品を購入して期限切れで損をすることを防ぐという方法があります。

1つ注意が必要になるのが、amazonギフト券でamazonギフト券を購入することはできないという点です。

同じ金額のギフト券を購入して期限を延長するというような使い方はできないので、別の商品の購入を検討しましょう。

例えば消耗品のストックなど今すぐには必要ないものの、どこかのタイミングで必ず使うようなものをストック品として購入しておけば、期限が切れそうなamazonギフト券を使えます。

ほかにも有効期限が切れる前に、換金性の高いものを購入するのも1つの手です。

換金性の高い商品を購入して自宅に届いたら、リサイクルショップなどで購入した商品を売ってしまいましょう。

換金性の高いものであれば、新品の状態で売ってしまうことで、使わないギフト券を現金化できます。

【リサイクルショップ現金化】知って得する納得できるお金に換えるコツとは 【リサイクルショップ現金化】知って得する納得できるお金に換えるコツとは

amazonギフト券有効期限に関する現金化まとめ

普段amazonギフト券を使う機会が少ないので、amazonギフト券の有効期限が長いと言われても実際に使うかどうかわからないという方もいるかもしれません。

そのような場合であれば、ギフト券をアカウントに登録する前に現金化について考えてみるのも1つの手です。

アカウントに登録する前のギフト券であれば、そのまま業者に買い取ってもらって現金化することが可能です。

入手後すぐに現金化してしまえば、有効期限の問題を考える心配もなく、自分も期限切れで損をするリスクがなくなります。

実際にamazonギフト券を現金化したい場合、どのような業者を利用するかがポイントの1つです。

ギフト券を買い取って現金化してくれる業者ごとに、買取金額には違いがあります。

できる限りギフト券の価値が下がらない形で買い取ってくれる業者を選びましょう。

またギフト券の金額によって、お得に現金化できる業者が異なるので注意が必要です。

以上、【amazon有効期限】使い忘れに注意して使用できる期間を把握する…でした。