amazonギフト券の現金化に関する注意事項をまとめた記事となっています。現金化がamazonやカード会社にバレるとどうなるのか、バレない方法とは、一度アカウントにチャージしてしまった残高を現金化する方法、未成年者が現金化する方法、amazonギフト券現金化の違法性について、現金化を行う際に詐欺業者に引っかからないための方法についてそれぞれ詳しく解説しています。

amazonギフト券の現金化を考えてる人に向けた疑問点や注意事項のまとめ

amazonギフト券の現金化を考えてる人に向けた疑問点や注意事項のまとめ

amazonギフト券の現金化がバレるとどうなるの?

amazonギフト券の現金化は急にお金を用意しなければならない緊急事態を乗り越えるためには非常に有効な方法です。

しかし安全な現金化の方法をきちんと調べて正確に実行しないと、amazonギフト券の現金化がamazon側や購入したクレジットカードの発行会社などにバレてしまい重いペナルティを受けることがあります。

amazonギフト券の現金化がamazonにバレた場合にはアカウントの停止措置といったリスクを負うことになります。

アカウントが停止されると貯めておいたポイントや過去の利用履歴といったものが全て消失してしまうため注意が必要です。

クレジットカード発行会社にバレた場合にはカードそのものが利用停止となる可能性が極めて高いと覚えておきましょう。

特に一度カードの停止措置を受けた事実はカード会社側に半永久的に残ってしまうため、その会社と新しく契約を結ぶことが困難になります。

amazonギフト券の現金化は必ずamazon側にもクレジットカード発行会社の側にもバレない形で安全に行うようにしましょう。

  • 買取マンボウ
    詳細はコチラ
  • アマトレード
    詳細はコチラ
  • バイカ(Buyca)
    詳細はコチラ

※コチラのamazonギフト券買取業者のほうも一緒に読んでみて下さい。

バレないようにamazonギフト券を現金化する方法

バレないようにamazonギフト券を現金化する方法

amazonギフト券の現金化を行う際にはamazonやクレジットカード会社にバレない方法を模索するようにしましょう。

最近は携帯電話のキャリア決済を利用したamazonギフト券現金化も盛んに行われていますが、これも現金化がバレてしまうと携帯電話の解約といった事態に発展してしまうため必ずバレない方法で現金化する必要があります。

amazonギフト券の現金化がバレてしまう状況はいくつかに分けられますが、もっとも多いのは自分で大量のamazonギフト券を購入してしまった場合です。

不自然なまでのamazonギフト券大量購入はまず確実に怪しまれamazonやクレジットカード会社、あるいは携帯キャリアから確認の電話を受けることになります。

この際に現金化目的での購入であることを話してしまうと、当然ペナルティを受けることになります。

正直に話したからといって見逃されるケースはほとんどないのに加えて、言い訳を用意したとしても怪しい取引を行なった事実が消えるわけではないので購入確認を受けるような購入方法をそもそも取るべきではないと言えるでしょう。

amazonギフト券の現金化を安全に行うには1回ごとの購入を少額に留める、amazonアカウントと紐付けたクレジットカードで決済する、信頼できる専門業者を利用するといった方法を試してみるといいでしょう。

amazonギフト券の残高を現金化する方法

amazonギフト券を買取業者に売って現金化する場合、原則としてそのamazonギフト券は未使用品であることが求められます。

未使用のamazonギフト券とは具体的にはギフト券のコードがアカウントにチャージされていない状態のことです。

一旦アカウントにチャージされてしまうと、そのamazonギフト券はアカウントの残高となってしまうため他人への譲渡が不可能になります。

アカウントごと売りに出すといった方法もなくはありませんが実現性は低いため、amazonギフト券の残高を現金化したい場合には一工夫する必要があります。

もっとも簡単なのはアカウント内残高を使って換金性の高い商品を購入し、それを中古販売することです。

最新ゲーム機やブランド品などは上手く転売することができれば換金率を高く維持した状態での現金化が実現できます。

ただし貴重な商品の転売はそれ自体が問題視されることが多いため、現金化目的で手を出すのはリスクが高いとも判断できるでしょう。

あくまで残高を現金化することが目的であれば、換金率が下がることは承知の上でなるべく買いやすく売りやすい商品を購入するのがおすすめです。

未成年者がamazonギフト券を現金化するやり方はありますか?

amazonギフト券を買取業者に売って現金化するには18歳以上であることが条件になります。

古物買取は法律で未成年者からの単独買取を禁止しているため、利用の際には必ず身分証明書と本人の振り込み用口座番号を提示する義務があります。

また地域ごとの青少年保護育成条例によって古物買取が制限されていることもあるため、基本的に未成年はamazonギフト券の現金化ができないと考えておきましょう。

未成年者がそれでもamazonギフト券を現金化する方法としては、業者を介さずに個人間で売買する方法があり得ます。

ただしこの方法は両者の正確な合意の下でトラブルなく進むことが大前提となるため、よほど信頼関係のある相手にしか通用しません。

フリマアプリやオークションサイトはそもそもamazonギフト券の出品を制限していますし、SNSなどを通じてネットで買取相手を探すこと自体も危険なので絶対にやめましょう。

未成年がamazonギフト券を現金化するために一番有効なのは、結局のところ成人の代理人にamazonギフト券を渡して代わりに業者を利用してもらう方法になるでしょう。

amazonギフト券の現金化は違法ではないが注意が必要

amazonギフト券の現金化そのものに違法性はありません。

現金化が目的だとしても実際の行動は通常の中古売買と何も変わらないため、それ自体が咎められるわけではない点は安心しておきましょう。

しかしamazonギフト券の現金化はamazonやクレジットカード会社にとっては不都合な利用法であることから、それぞれの会社の規約によって厳しく制限されています。

amazonの規約違反になるとアカウントが停止される恐れがあります。

amazonアカウントは新しく作り直すことは可能ですが、過去の利用履歴やアソシエイト設定などが消滅してしまう問題があります。

クレジットカード会社の規約に違反した場合はカードの利用が停止されるだけでなく、以降のその会社との契約全体に影響を及ぼすためより慎重さが求められます。

またamazonギフト券の現金化は違法ではありませんが、当然中古売買に関する法律は遵守して取引する必要があります。

悪質な業者を利用してしまうと身分証の提示や未成年の利用不可といったルールを逸脱して違法になってしまう場合もあるため、業者選びにも注意しましょう。

amazonギフト券を現金化する際に詐欺に合わないためのポイント

amazonギフト券を現金化する際に詐欺に合わないためのポイント

amazonギフト券の現金化をする際には詐欺業者の存在に気をつけましょう。

詐欺業者の多くはネット専門店として簡易的なホームページで利用者を集めています。

こうした詐欺業者のページは設立されて間もないことがほとんどであるため、まず実績のない業者を利用しないことが詐欺を避けるためには大切になります。

また詐欺と言ってもamazonギフト券のコード番号だけを持ち逃げして現金をまったく支払わないケースもあれば、換金率の表記をごまかして振り込む現金の額を下げてくるケースなど様々な詐欺の手口が存在します。

その中には現金化自体は正確に行なっているものの利用者の個人情報を横流ししているというケースもあるため、素人が詐欺業者とそれ以外を見分けるのは非常に難しくなっています。

amazonギフト券の現金化で詐欺に合わないためには、最低限ホームページ上に古物取引の許可を得た会社であることを明記しているかどうかだけでも確認しておきましょう。

また会社情報や利用規約に関する文章も信頼できる業者を見分けるためのヒントになります。

実体のない会社住所を掲載していたり、利用規約が正確性に欠けている業者は避けた方が無難です。

  • 買取マンボウ
    詳細はコチラ
  • アマトレード
    詳細はコチラ
  • バイカ(Buyca)
    詳細はコチラ

以上、【amazon注意点】ギフト券現金化する人の対象者へ疑問点や注意事項まとめ…でした。